元神経症的不登校児のコミュニケーションブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 不登校でも引きこもりでもええやん

<<   作成日時 : 2009/11/30 16:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

中学、高校いかなくたって、大検を通して大学に行けるし、通信制の学校もたくさんできてます。
あんまり、目先のこと(学校いけ!)ばっかりにとらわれていると、親子関係に重大なひずみがでてきますでしょうし、もっと先を見据えた余裕を持った対応が欲しいかな。

でも、子供側も不登校になるなら、ちゃんと親への「約束」をつくった方がいいと思います。
中学、高校いかなくてもいい代わりに、ちゃんと勉強をして、大検をとるとか、通信制の学校に行くとかね。

学校の勉強は社会の役には立たないことの方が多いです。
でも、勉強をするという行為自体が、「嫌なことでも頑張る能力」を示すことになります。
だから、学歴を重視する会社がなくならないわけですね。

学歴偏重は良くないけれど、勉強はしておいた方がいいし、本をたくさん読んだ方がいいと思います。
頭でっかちにならなければやりすぎることはないと思います。

ちゃんと最低限のことをしていれば、別に不登校でもいいと思うし、引きこもりも先々抜け出す決意さえあれば、充電期間として「あり」だと思います。
親は視野が狭くなって、強迫的に学校いけ! 勉強しろ!なんて言うけれど、まだまだ時間があるんだし(10代は時間を取り戻せます、いくらでも!)、巻き返しができる。
薬漬けは良くないと思うから、薬飲んでまで無理に学校に行くよりも、不登校になった方がいいと思ってます。

人生には退避場所は必要だと思うし、繊細でもろい思春期に逃げ場をなくしてしまうと、精神が病むだけです。
僕も病んだ精神状態のやばさを経験してますんで、そこからの回復にはかなりエネルギーを費やしてしまいます。

不登校をせざるを得ない状況に追い込まれた人は、やることだけはちゃんとやっておいた方がいいです。
それさえしていれば、不登校になろうが、引きこもろうがかまわないと思います。
だって、その時の積み重ねを、どこかで発揮したいと必ず思うだろうし、その時立ち上がればいいんです!

最近、特にそう思うようになってきました。

一歩下がって二歩進めばいい。二歩下がっても、三歩進めばいい


ねこすけ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
現在、岩波先生のプログラムに通っているものです。
このブログを時々拝見させてもらっています。
確かにその通りですね。
巣釜
2009/12/01 18:58
はじめまして。
10歳の息子が夏休み以降不登校で、来週岩波先生にお会いできることになりました。
おっしゃるとおり、我が息子もこんな若いのに、充電期間が必要なくらい疲れきってしまったんでしょう。追い詰めてしまった我々親のありかたを考え直しています。この時期に息子と向き合える時間ができたことに感謝しています。引き続き拝読させていただきますね。
うぬぬ母
2009/12/04 06:13
明日からまた嫌な学校が始まるので何か勇気がもらえるサイトはないかと探していたとき、ここにたどり着きました。


全部読んで少し気が楽になりました。
わたしも中学から今の高校まで不登校や別室登校でした。
4月からはたまに教室に入っては出て行くのを繰り返していますが、別室登校とは帰る時間や環境も違うのでしんどいです。


親や親戚ともしょっちゅう喧嘩して、薬を大量に飲んだこともよくありました。

この先自分はどうなるんだろうとよく考えたりしますが、考えても答えはすぐにでないし、次の日の学校のことでいつも頭がいっぱいです。

久々に教室に戻って更に劣等感や、孤立感が増してイヤになったりもするけど、1日1日を精一杯やっていこうと思います。

長文失礼いたしました
ゆるり
2010/05/05 16:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
不登校でも引きこもりでもええやん 元神経症的不登校児のコミュニケーションブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる