アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「出社拒否症候群・会社恐怖症」のブログ記事

みんなの「出社拒否症候群・会社恐怖症」ブログ


出社拒否症候群と会社恐怖症、そして鬱病

2010/09/13 22:10
以前、会社の友人が出社拒否症候群(会社の不登校)に陥ったことを書きました。
ちょうど1年前でした。
出社拒否症候群の友人のこと 〜大人の不登校〜
がその時のブログです。

その後、友人は漠然とした出社拒否症候群から会社恐怖症になってしまい(つまり悪化ですね)、さすがに僕は心配になったので、相談に乗りました。
僕の過去の経験をよく話しましたし、その時の気持や不安感、恐怖なども言いました。
登校拒否も出社拒否症候群も、心理面で言えば非常に似ているので、友人もホッとしたんだと思います。
お酒も入っていたのですが、ボロボロ涙をこぼしました。

部署は違いますが、パワハラや仕事へのストレスで大変な思いをしていて、いわゆるサザエさん症候群(次の月曜日の朝を意識してしまい憂鬱になる)から始まったそうです。
日曜日の午前中まではとてもリラックスできていたそうだけど、日が落ち始めると(冬は特に)心が沈み込んでいったそうです。

理由は何でかわからなかったそうだけど、抑うつ状態がずっと続き、金曜日の退社後から日曜の午前にかけて、気持が戻ることをずっと繰り返していました。
たしかにテンションが一番金曜日、土曜日にあがっていたような・・・・・

職場の人間関係の悩み、特に上司との関係がまずいことになってから、完全に出社拒否症候群、そして会社恐怖症へとなっていったわけだけど、一番の僕の心配は鬱病の恐れです。
退社していった人もいれば、風の噂によれば自殺したなんて怖い話も聞こえてきます。
しかし、僕の会社だけじゃなく、ある程度大きな会社や職場で働いている人は、○○が自殺した、鬱病になって戻ってこない、という話を聞いていると思います。

僕はいま仕事にストレスを感じていませんし、ストレスがあったからって関係ないと思っています。
不登校、引きこもりの時のストレス、心理的抑圧に比べたら、屁でもないし、お金までいただけるんだから、いうことはない!
とはいえ、社会は厳しいことに変わりはないようです。
会社や上司、同僚のプレッシャーに押しつぶされても、会社の責任ではなく、ストレス耐性のない潰れた本人が悪いという風潮がやっぱりどこかにあります。
甘いから、弱いから、この一言で片づけられてしまいます。
こんな厳しい現実を生きていかなければいけないから、10代や20代のはやいうちに、メンタルタフネス、ストレス耐性をつけて、社会に挑んでいきましょう!

言ってみれば、覚悟を持っている人間ほど強いし、目標設定がしっかりしている人間ほどぶれない人はいないってことです。
社会や人間に振り回されるために生きているわけじゃないから、今回の友人の出社拒否症候群の出来事をきっかっけに気持を新たに頑張っていきたい!
僕が頑張っている姿を示すことができたら、「人は立ち直れるものだ」という証明にもなるし、どんなアドバイスよりもいい影響を与えるに違いないから。

抑うつ状態(鬱病になりかけの人)にアドバイスや励ましの言葉ほど、意味のないものはないと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


出社拒否症候群の友人のこと 〜大人の不登校〜

2009/09/10 12:44
ねこすけです。

登校拒否とか不登校といえば、小学生から高校生の年代の問題ですよね。
でも、出社拒否という問題が僕ねこすけの身近にもあるんです。
僕はちゃんと出勤してますけど、友人が出社拒否症候群ともいうべき状態に陥っっちゃってるのです。

友人は学校は大学までほとんど休まず通ったそうです。
昔の僕みたいなメンタルに問題を抱えていなかったのに、大人になり社会人になったら
出社拒否になってしまいました。

最初は体の具合が悪い、病気をしたって会社に告げて、よく休んでました。
まさかメンタル面の問題で休んでいたとは思わなかったです。
会社のほうでも扱いに困りはじめてます。

友人は鬱病かもしれないけど、詳しいことはわかってません。
連絡も取りづらくなっているんで。
出社拒否といっても働きたくないから出勤しないわけじゃないのです。
不登校と違って、出社拒否していれば困るのは本人ですから。

学校は休んでいても親が養ってくれます(まあ、甘えですね……汗)
だから安心して(?)学校を休めます(語弊がありますが……)
未来への不安を抱えていても、もしかしたら時間が解決してくれる期待も僕にはありました。
あの年代の最高の資源は「時間」ですからね。
認識が甘いと言えば甘いですけどね。時間なんてあっという間だし、神経症なんて時間が解決してくれるほど甘くはありません。逆に強化しちゃいます。

社会人ともなると給料はもらえない、仕事もなくなるかもしれない、再就職の問題もある(この不況だし)
友人はいっそのこと鬱病の診断書を持って会社に休職することを伝えればいいのに、まだしていません。
会社側もよく休むのに理由がわからないとなると、解雇も考えているかもしれないし。

解雇は彼にも精神的ショックも大きいだろうし、何とかならないかな〜。
なかなかアドバイスしづらいところもあります。
なぜって、「鬱病だろう」ということが相手の失礼に当たるかもしれないから。
心療内科に行ってみたら? とかカウンセリングにかかってみたらとかも人によってはプライドが傷つく恐れもありますからね。それに、メンタルの問題は本人がその気にならなくちゃ解決しない問題です。
本人もなぜ出社拒否になっているのかもしかしたらわかっていないのかも。
たぶん病院にも行ってないでしょう。

昔不登校じゃなくてものちのち出社拒否になってしまうと、
先にメンタル面で問題を克服しておいた方がよかったかもなんて思っちゃいます。

生きるって思春期でも青年期でも壮年期でも老年期でも大変なことなんですね。
働き盛りなのに鬱病で会社を辞めてしまう上司(15歳年上)もうちの会社にいました。

もし友人が鬱病で会社に来られなくなっているのだとしても(そう会社に報告しても)、先行きはあんまり明るくないかもしれない。
鬱病は鬱病でとても大変ですから。
ただただ一刻もはやく友人の回復を望むばかりです。

最近は連絡も取れなくなっているし心配です。

出社拒否を不登校だったねこすけから語ったブログでした。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2


トップへ | みんなの「出社拒否症候群・会社恐怖症」ブログ

元神経症的不登校児のコミュニケーションブログ 出社拒否症候群・会社恐怖症のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる