テーマ:不登校

30歳のひきこもりが起こした愛知一家5人殺傷事件に思うこと

いやな事件がありましたね。 元ひきこもりで、不登校だった人間として、大注目の事件です。 簡単な概要はこちらをお読み下さい。 とうとう爆弾岩が破裂してしまいました…… 『週末の未明、寝静まった住宅街に、救急車と消防車のサイレンが鳴り響いた。  愛知県豊川市で17日未明、2人が殺害された一家殺傷事件。逮捕された長男は約…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不登校でも引きこもりでもええやん

中学、高校いかなくたって、大検を通して大学に行けるし、通信制の学校もたくさんできてます。 あんまり、目先のこと(学校いけ!)ばっかりにとらわれていると、親子関係に重大なひずみがでてきますでしょうし、もっと先を見据えた余裕を持った対応が欲しいかな。 でも、子供側も不登校になるなら、ちゃんと親への「約束」をつくった方がいいと思います…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

不登校や引きこもりの子供に薬は是か否か

僕(ねこすけ)が、もし親から精神科に連れて行かれていたとします。 そして精神科医から向精神薬を飲まされ、薬依存せざるを得なくなっていたら、親をもしかしたら恨んでいたかも。 当時の僕は、心理カウンセリングを受ける必要があったけれど、精神科で苦しさが治るって言われたら、薬を飲むこともいとわなかったかも。 無知だったからです。 僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じ岩波先生不登校克服プログラムの仲間の親御さんのブログ再開

ねこすけです。 僕が通っていた岩波先生の不登校克服プログラムを受けた人の親御さんのブログが再開されてます。 といっても、直接面識はないですが、どうやらお子さんは海外行って、もまれて帰ってきた様子です。 おそらく僕の先輩に当たる人の親御さんですね。 http://hogoshanotsudoi.blog99.fc2.com…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

不登校の本質は、学校に行く義務感をしっかり持ちながらも「行けない」こと

不登校の人は、何も学校に行きたくないからいかないわけじゃないです。 学校に本当は通いたいとまではいわないけれど、「通わなければだめなのに、通えない」状態だと僕は思ってます。 だから、不登校の人が怠け者だと思ったら大間違いです。 学校に通わなければダメっていう義務感をしっかりもっていながらも、通えない状態だから罪悪感を感じて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不登校とひきこもりを克服させるプログラムに関連したサイト

僕は不登校とひきこもっていた時代に、最初にねこすけの先生の不登校/ひきこもり克服プログラムを受けました(親が受けろといったのが最初の機会でした)。 それに関しても、体験記や体験談が乗っているホームページがありますので、 僕の知りうる限り載せたいと思います 肉親から見た不登校、自傷行為、そして神経症 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more