テーマ:会話の格闘術

大事なこと 不登校と神経症克服プログラムの岩波先生に教わったこと

久々の更新となりました。 「人はどう生きるべきか」「人生にとって大事なことは何か」「何のために生まれてきたのか」 その意義を習ったことは大きかったと思います。(不登校/ひきこもり克服プログラム) 生きる上で一番大切なことって、自分の生きている意義を悟ることだと思いました。 親は近視眼的に学校に通う、通わないという範囲でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間関係を向上させる技術会得には? 人との接点が必要

タイトル通り、実戦を経ないと、「会話の格闘術」は完全に体得できません。 ということは、実戦に立ち向かう勇気を育むのが必要になりました。 でも、覚悟が要ります。 だから、先生にモチベーションや目的意識を植え付けてもらって、さらに自分でそれを高めて、実戦に臨みました。 不思議と失敗したらどうしようという不安は少なかったです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不登校の子供の視点から 親子関係

不登校やひきこもりの子供の本音を、たぶんほとんどの親は気づかなかったり、知らないかもしれません。 もしそういう子供を抱えている親が見ていたら、押しつけはやめた方がいいと言いたいです。 ただダラケていたら、そこまでには絶対なっていません。 それに、僕が知る限り、かなりの確率で、私立中学を受験して頑張ってきた子供ばかりでした。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あらためて自己啓発の本を読んでみると・・・・

先生のすばらしいところは、不登校とか心の悩み苦しみ脱却の力強いサポートの他に、自己啓発、能力開発部分、つまり僕が受けた武器としてのコミュニケーション能力(会話の格闘術)を教えることができるということです。 他の専門家の先生はせいぜい、薬を出すだけとか、悩みを聞くだけとか、積極的に引き上げてくれる人は全くいませんでした。だから一粒で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more