テーマ:コミュニケーション能力向上方法

感謝の言葉 不登校と神経症を克服させてくれた自分の親と岩波先生へ

生きるってどんなことなのか、身をもって知らせてくれたのがたびたびこのブログで登場する僕の先生でした。 コミュニケーション術という武器も、自信もなくて、怯え続けて劣等感にさいなまれていた僕が、自分でも「変われた!」と断言できたのは、たった一つの出会いでした。 正直、最初は気が進まなかったもののこういう仕事をしてくれていてありがとうと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間関係を向上させる技術会得には? 人との接点が必要

タイトル通り、実戦を経ないと、「会話の格闘術」は完全に体得できません。 ということは、実戦に立ち向かう勇気を育むのが必要になりました。 でも、覚悟が要ります。 だから、先生にモチベーションや目的意識を植え付けてもらって、さらに自分でそれを高めて、実戦に臨みました。 不思議と失敗したらどうしようという不安は少なかったです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらためて自己啓発の本を読んでみると・・・・

先生のすばらしいところは、不登校とか心の悩み苦しみ脱却の力強いサポートの他に、自己啓発、能力開発部分、つまり僕が受けた武器としてのコミュニケーション能力(会話の格闘術)を教えることができるということです。 他の専門家の先生はせいぜい、薬を出すだけとか、悩みを聞くだけとか、積極的に引き上げてくれる人は全くいませんでした。だから一粒で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世はすべてコミュニケーション能力! 会話術と人間関係

「この世はすべてショービジネス」ではないけれど「この世はすべてコミュニケーション能力」に尽きると思います。 僕が学校の何が嫌かというと、人間関係が嫌だったわけで、勉強が嫌いだったわけじゃないんです。 うつ病になる人の多くの原因は人間関係や仕事のストレス(これだって人間関係があるからこそのストレス)だそうで、僕の会社でもうつ病で休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕が不登校になってしまったワケ コミュニケーション能力の不足

不登校といっても、十人十色の原因があるでしょうね。 同じ不登校仲間を見ても、神経症が原因だとか、親同士が仲が悪いから心を閉ざしたとか、精神的虐待のせいとか、いじめとか、担任の先生によってとか、人間不信とか、たくさんありました。 僕の場合は、人間不信という奴ですが、そもそもコミュニケーション能力が圧倒的に劣っていたから、という理由が一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more